枚方

数年前に枚方で出会いがあったのは夕方ごろ

7月枚方で出会い

数年前、私の友人は私を海に連れて行った(それは博多の海だった)

・・・・偶然でした。

満月の日の夕方または夕方

寒かったし、とても快適でした。枚方で出会い

最初は私はよく水着を着ていた

徐々に離陸

私はドレッシングのために函館と入りました···

私は非常にきちんとした感じを得ました

ラストフレンド

「私はこのようなことをしたいのですが、私と一緒に出かけてもいいですか?」

あなたが尋ねれば枚方で出会い

 

「夢、病気になるまで寝たくない。

アッシッシュくんだけじゃないですか。 「

私はけちなことを言われました…

彼はダイビングをしているから

私はあなたが私に海の素晴らしい場所を見せることができると思った。

・・・・
枚方で出会い
私は関東に慣れていない

適切な場所の提案ができない

イロイロについて考えるのは面倒です

「ああ、すみません、そうではありませんか?」枚方で出会い

それから

「少なくともキスだよ」

悲惨なことを言う

こんなトラブルをやろう枚方で出会い

それが尋ねることになっているのだろうか…?

・・・・ ごめんなさい・・。

ヨソの国ではこだかのある川や海に入る

誰かが

____

eは自然に慣れてきた

こののりがわかりますか

交換や細かい計算がなくても(?)

私だけでなくあなたはとても快適です

いい瓶だと思いますが…

返信を残す

必須項目には印がついています*