未分類

梅田の出会いでは私を気遣っている

午後3時に梅田の出会いして公園で働く 車の近くに座って休憩する 私を気遣っている息子が公園のトイレから戻ってきたとき…私は迷惑です(> _ <)私は小さな子供が嫌いです(> _ <) 私は子供が好きです梅田の出会いのベルトに向かって話している3人の話をしていたら

梅田 出会い

… 公園のフェンスを越えて ガキチョは…私たちは私たちを見ています… さて…道路の端に座っている男は奇妙です。 私が思ったとき…困った顔…ボールケージが向こうの家に入りました(> _ <) … 次に、梅田の出会いを押します 私は家の人々にボールボウルを拾うように頼んだので、あなたが私に尋ねて教えてくれたら… 私の家は離れていません(> _ <)… だから…私は王子さんのスティックを貸します、ボウルを手に入れることができますか?貸すことができたので、貸して見ました…

返信を残す

必須項目には印がついています*